忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/11/21 09:25 |
映画「食堂かたつむり」
katatsumuri.jpg











すごくよかったです

本はすごく面白かったけれど、
特に盛り上がる場面があるわけじゃなく、静かに進む感じなので、
映画は期待していませんでしたが、
映画ならではのコラージュを利用したメルヘンなかわいらしい世界観
本の面白さが凝縮されていました

〔感想〕
主人公の営む食堂で出された料理を食べた人たちが
元気になったり、一歩踏み出せたりするのですが、
丁寧に心を込めて作られた料理には、
心が動かされるなにかパワーがあるのかもしれませんね~(^^)

母役の、余 貴美子さんの演技がうますぎでした。

見た後、ほっこりする映画です
PR



2010/03/24 18:27 | Comments(1) | TrackBack(0) | 本・DVD

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

先日お話した、「農業少女」妹と一緒に見に行ってきました。
感想は「役者も大変なんだな」と肌で実感しました。
演劇は松たか子の「ラマンチャの男」しか見たことがなかったのですが、それとままた違う気づきがありました。
昔、小学校6年まで有名人になりたいという夢があったのですが、中一の時にあることがあって夢を持たなくなりました。
実際俳優業というものを詳しく知らずによく人は憧れをもちますが、何事も自分の目で確認して見ることの大事さを今回感じました。
また今度お会いすることがあったら詳しく話そうと思います。
posted by なおき at 2010/03/25 21:26 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<日本橋 「二丁目ダイニング」 | HOME | 植物は 人の意思を感じとる>>
忍者ブログ[PR]